ぽんた2015/03/24

ももちゃんの”おとこ”?
大きな体の割に、控えめ遠慮がちな茶虎白。
見た目で「ぽんた」と名付けました。

毎日、ゴハン食べに来るけど、なかなか警戒心が強く、近づいては来ません。
如何にも”野良”の感じが可愛いヤツです。





ももちゃんです2015/03/12

こんにちわ、「ももちゃん」です!

今までは、「ブチ」と呼ばれていたけど、女の子なので可愛い名前に変えました。
今年になってから、我が家の庭に、良く遊びに来る猫です。

もう一匹、如何にも”わたくし、ノラです!”という感じの茶虎白の男の子がいますが、
こちらは、とても遠慮がちな子で、ゴハンも申し訳なさそうに食べ、人のそばには余り近づこうとしません。

この二匹が、庭で愛の交換をしていました。
今、ももちゃんのお腹には、おそらく二人の愛の結晶が育ちつつあるのではと、期待しています。



早春の庭2015/03/12

あの3.11から4年が経ちましたね。

今年の庭は、気温が低めですが、早春の陽光が眩しいばかり。
ピンクの枝垂れ梅はもう散り始め、白梅はもうじき満開となる頃。
南西角の椿も、半分くらい真っ赤な大輪を咲かせています。

昨年は開花間近に植え替えられた小手毬も、今年は”咲くぞ~っ”とばかりに新芽をいっぱい付けています。
また、大きくなったシジミ花も”今年もやりますよっ!”と期待させる様子です。
冬越しが危ぶまれたハンカチの木でしたが、寒さの中、健気に枝を伸ばしています。

昨年、アーチ風に仕立てた時計草は、何の苦も無く、緑のまま冬を越しました。
今年は更なる成長が楽しみです。
ルリマツリはまだ鉢に移し替えたままですが、近々地植えに戻す予定です。
雪に押しつぶされていたウツギも、新芽をすっくりと立て、やる気になっているようです。

1日1日、春に近づく庭のこれからが楽しみです。



春近し-その22015/02/16

5日前の、枝垂れ梅の開花に続き、棕櫚ヤシの根元にクロッカスが咲きました。
たった一輪ですが、明るい陽射しの中に、鮮やかな黄色が映えてます。
朝晩の気温はまだまだ低いですが、春の訪れが近い事を教えてくれています。

150216-01



横倉絹枝・切り絵個展2015/02/13

切り絵の大御所・横倉絹枝さんから個展のお知らせです。
「ことわざ切り絵招き猫」のタイトルから、楽しそうな雰囲気が感じられますね。
会期2月19日~3月1日のうち、横倉さんが在廊されている日に伺えたらと思います。






春近し!2015/02/11

まだ、明け方は氷点下になる事もある時期ですが。
ついに今日、庭の枝垂れ梅のつぼみが一つほころびました!!!
幹の頂上に近い所に、たった一つですが薄いピンクの花びらを
いっぱいに広げ、春近しを告げてくれています。

20150211枝垂れ梅

また、庭の片隅では、茶虎白のオスと白黒斑のメスが、”愛を交歓”しておりました。
庭のどこかで、仔猫の産声を聞けるのか、今から楽しみです!!!


2015年初雪2015/01/31

昨日1月30日、未明より初雪となりました。
午後には雨となりましたが、庭には5cmほどの積雪となりました。

2015年1月30日初雪1

2015年1月30日初雪2